top of page

ビジョン・ミッション

20220914 (81).jpg

Vision:美味しさと 安全と 愛情を

私たちの考え

私達の身体は食べたものからできています。

当たり前のようでつい忘れがちな事ですが、野菜も生きものであり、生産する過程での様々な要素に影響を受けて育ちます。私たちは、「安心・安全で愛情をもって育てた美味しい野菜を届けしたい」​そんな思いを大切に、こだわりを持って農業に取り組んでいます。

アベチャンファームは2017年から農薬不使用・化成肥料不使用・除草剤不使用にこだわり、「食べる人にも働く人にも安心安全な美味しい野菜作り」を目指し、野菜の生産を開始しました。

その過程で6次産業化までを考え、自社で加工がしやすく日持ちがする野菜として「さつまいも」の栽培に特化。約4ヘクタールの畑を管理し、「紅はるか」「紅あかね」「福むらさき」などの品種を主に、年間約80トンを栽培・収穫し、市場出荷や直売を行っています。

自社加工品はオリジナルの石焼き機で約3時間じっくり焼き上げる「焼き芋」。蒸かし、自然乾燥、梱包まで全て手作業による「干し芋」など中心に添加物不使用で加工生産・直売を行っています。

生産・加工は、農業女子を中心にそれぞれに柔軟に対応した働き方を推進。畑の管理から栽培、収穫、出荷、加工、直売所の運営・営業までを女性ならではのスキルや感性を活かし、効率的に運用しています。自社なりの適正な価格で販売することで生産性の向上や雇用とのバランスを図り、持続可能な農業を目指しています。

Mission:環境負担の少ない農業

当ファームではお客様に「美味しさと安全と愛情を」提供するために環境負担の小さい農業に取り組んでいます。​農薬や化学肥料に依存した農業をやめ、農薬不使用 / 除草剤不使用 / 化学合成肥料不使用にこだわったさつまいもをメインに生産しております。

アベチャンファームの無農薬野菜

農薬不使用

農薬は使用せず、誰もが安心して食べることができ、大地や生き物を大切にする循環型の農業を目指しています。

アベチャンファーム化学合成肥料不使用

​化学合成肥料不使用

化学合成肥料や動物性の肥料は使用せず、主に玄米+黒糖+塩+バクチャーを混ぜたオリジナルの植物性肥料やキノコ菌床を土に混ぜて使っています。

アベチャンファームは除草剤不使用

除草剤不使用

人体への危険性の懸念や生態系の維持が破綻する可能性がある除草剤は一切使いません。手間が掛かりますが、何度も草刈りをしています。

動画で見る『​環境負担の小さい農業』

Mission:持続可能な農業を

生産したさつまいもは生産者自身で焼き芋や干し芋などに二次加工し直売することで、女性や障害者、新規就農者などの積極的な雇用と利益を生む、新しい農業のスタイルを目指しています。私たちが生きていく上で欠かせない「食」を支える大切な役割を担っている農業。正しい利益を生むことで「未来の農業」を持続可能なものにしたいと考えています。

また、耕作放棄地問題の解消や絶滅しそうな固定種の復活プロジェクトに取り組んでいます。農業の社会問題にも積極的に取り組むことで「日本の食と暮らし」を守っていくことを目指しています。

アベチャンファーム積極的な雇用

​積極的な雇用

女性や障害者、新規就農者などを積極的に雇用し、未来につながる農業の担い手を増やしていきます。

二次加工で利益を生む

二次加工で利益を生む

生産者自身で焼き芋や干し芋などに二次加工し直売。高付加価値商品を提供し、より利益を生むよう取り組んでいます。

アベチャンファーム農業社会問題の解消

農業社会問題の解消

ファームの売り上げの一部は耕作放棄地問題の解消や足尾のじゃがいも固定種復活プロジェクトなどに役立てています。

動画で見る『持続可能な農業』